朝食の1品に最適

スクランブルエッグを作ってみよう

卵料理は意外に火の通し方でたくさんのメニューが作れるのですが、ホテルの朝食で出てくるような柔らかいスクランブルエッグが家で作れたら朝ごはんが楽しくなりますよね。 これとレンジ調理した温野菜でもあれば、本当にホテルの朝食のようで、ちょっと豊かな気持ちで朝を迎えられるのではないでしょうか。

味わいはとっても上品な感じに仕上がりますので、パンにのせてもよし、ご飯と一緒に食べてもよし。 パンにのせるならマヨネーズをプラスしてもとっても美味しく召し上がれます。 火を通しすぎないことがポイントなので、失敗の少ないように細かく記載しました。 火を止めてしまえば慌てなくていいですから、是非トライしてみてください。

~ 材料 ~  一人分
卵…2個
ミルク…50cc程度。なければ水を大さじ2程度いれてもOK。
バター…大さじ1程度。適量でいいですが少なすぎても焦げやすくなります。なければサラダ油で。
塩…少々。好みでコショウも少々あってもいいです。

1.卵をボウルに割りいれ、ミルクと塩を加えさらに混ぜる。

2.フライパンを中火で熱する。急激に温めるとバターが焦げますので、じわっと温める感じで。熱しすぎた場合は一度火を止めてしばらく置きます。難しい場合は一旦フライパンを熱して火を止めて、火を止めたままでバターを入れ、溶かします。

3.バターが溶けたら中火で点火し、卵をすべて入れます。ジューっと音がしたら火を止めて木べらなどで静かに外側から内側に寄せていきます。スクランブルエッグの場合は余熱で加熱していくと柔らかく半熟の状態に出来上がります。

4.半熟状で柔らかい状態になったら出来上がりですのでお皿に盛り付けてください。ケチャップなどを添えてもいいですね。