朝食に作ってみませんか

基本の目玉焼き

家に必ず常備しておきたい食材といえば、米、パスタ、日持ちするたまねぎやジャガイモ、そして何と言っても「卵」です。 卵さえあれば他に何もない!という時でも栄養が取れますし、茹でたり焼いたり簡単に調理することができるんですよね。 しかしながら卵料理は意外に奥が深く、加熱の仕方で味わいががらりと変わりますのでその特性を知るには「目玉焼き」を作ってみることがとても有効です。 半熟、固め、レアなど自分で好みの加熱時間を研究してみましょう。

~ 材料 ~ 1人前
卵…1個~2個。卵は常備しておくとアレンジがいろいろできるのでとても便利です。
サラダ油…大さじ1程度。卵が焦げないためにはやや大目がいいですね。
塩コショウ…少々。塩コショウ以外でも醤油、ソースなど好みの調味料でもOK。
水…大さじ1程度。目玉焼きを蒸らすために使います。

1.卵を割るのに慣れていない方は、平たい机などに優しくコンコンと殻にヒビを入れて、ヒビの部分から両手の親指でふたつに割るとうまくいきやすいです。最初は別の入れ物に割って入れてから調理するといいでしょう。なれたらフライパンに直に割りいれてもOK。

2.フライパンを熱し、サラダ油を入れ、少し煙が立ったら一旦火を止めて、少し落ち着いてから中火程度に点火し、フライパンの真ん中あたりに卵を静かに投入します。

3.卵がじゅーっと音を立てて焼けますので、そこで高い位置から塩コショウを一振り程度かけます。多くかけてしまうと味が濃くなってしまうので少なめに。薄ければ食べる時に足しましょう。

4.フライパンがかぶるくらいのフタを持って、もう片手で水をフライパンに投入し、即座にフタを被せます。弱火にして1分程度加熱したら火を止めて出来上がり。