牛肉が入ったおいしいご飯

1人前の他人丼の材料

どんぶりも具材を変えるといろんな名前のどんぶりになりますが、「他人どんぶり」という名前は関西独特と聞いて驚きました。 卵と鶏肉で「親子どんぶり」なんですが牛と卵で「他人どんぶり」ということなんですが…。 美味しさの相性はばっちりです。

~ 材料 ~  1人前
ごはん…どんぶり鉢にかるく1杯。ふんわりと盛り付けましょう。
牛肉…50g~100g。好みで調整してください。こま切れなど安いものでOKです。
たまねぎ…小1個。大なら2分の1個程度。野菜をたくさん摂れるのが家庭料理のよさです。
長ネギ…3分の1本程度。なくてもOK。あったほうが風味がよくなります。
卵…1個。
水…100cc
和風顆粒だし…小さじ2分の1程度。具材が多いと薄めになるので足してください。
醤油…小さじ2分の1。これも好みで増減してみましょう。
酒…大さじ1。なくてもOK。みりんでもOK。みりんにする場合砂糖を省きましょう。
砂糖…小さじ2分の1程度。甘みが気になる場合はなくしてもOK。

1.作り方は基本的に他のどんぶりと同じで、水、和風顆粒だしに醤油、酒と醤油、砂糖などすべて鍋に入れて、食べやすい大きさにした牛肉とたまねぎ、長ネギを入れて中火で煮込みます。あまり細かく考えなくても焦がさなければ大丈夫です。

2.具材に火が通ったら味見して薄いようなら醤油や和風顆粒だしなどで味を調えます。やや濃い目の味付けにしておく方が卵を入れたあとにバランスがよくなります。

3.卵を割り、さっとほぐして鍋に回しいれていきます。さっと強火にしてフタをしてすぐ火を消します。

4.蒸らして卵が半熟になったらご飯をどんぶりに入れて、その上にかけて出来上がりです。